Achard Vincent_s.jpg

Achard-Vincent

アシャード・ヴァンサン

「土地・歴史」
フランス南東部、ローヌの谷から60km程の、ベルコールとプロヴァンスの間にあります。

畑は暑く乾燥した山の気候に恵まれています。冬は雪が降り冷涼で、夏は日中は暑く夜は涼しいという、ブドウが素晴らしく成熟するのに最適な土地です。 また、ドメーヌの歴史は古く、6世代に渡りワイン造りをしている家族経営のワイナリーです。

ドメーヌ・アシャード・ヴァンサンは、ドメーヌ・ヴァンサンとアシャードというブドウ畑の出身であるクローディーとジャン・ピエールの結婚を機に融合したものです。
息子のトーマスはロンドンでワインのテイスターの勉強をしたのち、現在オーナー夫婦と共にワイナリー経営に携わっています。

また、1968年から祖父がビオ栽培を続けているため、このドメーヌはビオロジック農法の先駆者の一人でもあります。
その後ジャン・ピエールがビオワインの仕様書に則った栽培を1982年から続けました。

「こだわり」
そして2008年からは息子のトーマスがデメテールの認証を得て、ビオディナミ農家としてスタートしました。
環境を守るための栽培法は常に進化していますが、クレマンの作り方はまさにローマ時代から受け継がれているメトード・アンセストラルという、一次発酵の途中で瓶詰めする伝統的な手法を守っています。

→HOME

Ville Rouge_s.jpg

Domaine de la ville rouge 

ドメーヌ・ド・ラ・ヴィーユ・ルージュ

「土地」
ローヌ北部の中心、クローズ・エルミタージュという素晴らしいアペラシオンに位置し、畑は完全にビオロジック農法による自然で良質な土でできています。また、現在はビオディナミへの移行期でもあります。
このドメーヌの生産の大部分は、北部ローヌで栽培されている良質なシラーによる赤ワインで、野性味があり力強く、濃厚な味わいが私達を喜ばせてくれます。
また、ローヌ全土でよく栽培されているマルサンヌ、ルーサンヌは白ワイン用に使われます。

「こだわり」
収穫や冬の剪定等、ブドウ栽培に関わる全作業が手作業で行われます。
ブドウは畑の区画ごとに選定され、作業台で良いブドウの選定を行います。1ha当たりの醸造量は35hlで、ブドウの旨みが凝縮します。
自然や人体を尊重した優しいワイン造りに取り組んでいます。

→HOME