Marié_s.jpg

Domaine Marié

ドメーヌ・マリエ


「歴史」

ラングドックの中心部にあるピュイラシェという地域にドメーヌはあります。
オーナーであるパスカル・マリエの家族は隣町のプゾルという地で17世代にわたってワイナリーを営んできました。
そこは彼が生まれた地であり、彼の父も祖父もワインを造っていましたが、当時ワインというものはただのテーブルワインという、食品の一つとしてしか見られておらず、ブドウやワインの健全さや衛生さに重点を置く生産者は少ない時代でした。

これに疑問を抱いたパスカルは、先祖代々受け継がれてきた畑を手放し、ブドウや醸造の管理を学び直しました。
そして1995年に先代の残した畑を開拓し、より良いものにするため戻ってきました。
1998年、現在の場所にあった廃墟と小さなブドウ畑を買い、一からワイナリーを作りました。まだ醸造所ができていなかった当時は、近隣の醸造所でワインを造っていましたが、2013年ようやく彼自身の醸造所を構え、初キュヴェを手掛けました。

「哲学」
畑をより良いものにするには、土に命令するのではなく、土の声を聞き従うことです。そしてたくさん手をかければかけるほど、土はそれに応えてくれます。

→HOME


Les Rieux

レ・リュー

ヴィンテージ/2013

ボリューム/★★★★☆

タイプ/赤

アルコール度数/14%

産地・アペラシオン/ラングドック

品種/シラー100%

「香り」

カカオや熟れたブラックチェリー、ヴァニラやたばこ等の複雑で深み、奥行のある香りはグラスに注いでから時間がたつごとに華麗に変化し、そのさまざまな表情に魅了され、ゆったりと会話を楽しみながらいただくワインに最適。

「味わい」

濃厚で凝縮感があり、ビロードのようになめらかな舌触り。熟した果実味があります。力強いタンニンは緻密に溶け込み、非常になめらかで、口に入れた後いつまでも味わいが続く様な長い余韻。

「お料理」

キノコを添えた鴨のロースト、赤身肉のグリル、ステーキや牛肉の赤ワインに、黒コショウを効かせたブラックチョコレートや濃厚なガトーショコラ等、しっかり存在感のあるメイン料理からカカオを使った濃厚なデザートまで、さまざまなお料理とお楽しみいただけます。

Les Callades Rousses Rouge

レ・キャラド・ルス・ルージュ

ヴィンテージ/2013

ボリューム/★★★☆☆

タイプ/赤

アルコール度数/14%

産地・アペラシオン/ラングドック

品種/カリニャン35%、グルナッシュ55%、シラー10%

「香り」

赤い果実、クローブ、キャラメルやスパイス等複雑な香り。

「味わい」

ブラックベリーやカシス、クランベリー等の果実味がしっかり感じられ、アフターにほのかに香りオレンジピールが余韻を引き締める。酸味は適度にあり、かすかにラングドックの土を思わせるミネラル感が個性的な印象を与える。

「お料理」

牛肉のグリルやソーセージ、ウォッシュ系の個性豊かなチーズやチョコレートのムース、ニンニク料理やトマトソース、オリーブオイルを使ったパスタやピザなどイタリア料理にも相性抜群。 デザートにはチョコレートのムースやオレンジピールを効かせたバターケーキなど。

Les Callades Rousses Blanc

レ・キャラド・ルス・ブラン

ヴィンテージ/2014

ボリューム/★★★☆☆

タイプ/白

アルコール度数/14%

産地・アペラシオン/ラングドック

品種/シャルドネ100%

「香り」

パッションフルーツやパイナップルの様な南国フルーツや蜜、バニラ、バターなど、こくのある香り。

「味わい」

程よい酸味とはじける果実味。マンゴーやパッションフルーツ、パイナップルの様な南国フルーツのニュアンスと、樽からくるバニラやバターのようなミルキーさ。蜜やカリンのようなコクがしっかりあり、飲みごたえ十分。

「お料理」

スモークサーモンのサラダ、アボカドを使った料理、魚から白身の肉、クリームシチューやクリームソース系のパスタ、ハード系のチーズなど。