Gasqui_s.jpg

Château Gasqui 

シャトー・ガスキ

「土地」
プロヴァンスの中央にあり、モール山塊の北側の麓にガスキの谷が延びています。
標高280mで、とても豊かな自然に恵まれています。湖の周りを囲むようにあるブドウ畑は粘土石灰質で、野生の動植物が多く住み、ヨーロッパの自然遺産保護”Natura 2000”に指定されています。澄んだ新鮮な空気が
ガスキの柔らかさとフレッシュさという特徴をもたらしています。

「こだわり」
ブドウの収穫は完全に手摘みで果汁は天然発酵、硫黄の添加はごくわずか、フィルターも最低限しかかけず、清澄用の卵白やゼラチンも不使用で、完全ビオディナミ農法でブドウを育んでいます。
発酵はブドウの皮付着した天然酵母により自然にゆっくり行われます。
また、季節のサイクルを利用することで、さまざまな化学物質を使うことなく活き活きとしたワインを作ることができます。
これらのドメーヌのこだわりやブドウ本来の個性が、ワインのフレッシュな果実味や繊細さに表れています。。
醸造所は1896年に建てられ、タンクにブドウを入れる際にはポンプを使わず重力の力だけで行います。

→HOME